警告

あなたの年齢が20歳以上であることを確認しなければなりません。その後、このウェブサイトをさらに閲覧することができます。さもなければ、すぐにこのページを離れて閉じてください!

Tobacco Heating products

ニュース

自宅 |ニュース |

日本の禁煙歴

最新ニュース

  • タバコ革命:7,000億ドル規模の市場で金を狙う

    タバコ革命:7,000億ドル規模の市場で金を狙う 伝統的なたばこ - 世界で唯一の商品であり、世界的に販売が合法化されているにもかかわらず、私たちには何の役にも立ちません。 一方では、それは約7000億ドルに相当するタバコ市場で構成されており、多くの国でかなりの税収を生み出しています。一方で、毎年500万人の命を奪っています。そして多くの国の保健部 more

  • マレーシア保健省:hnb製品に関する警告を表示する必要はない

    マレーシア保健省:hnb製品に関する警告を表示する必要はない フィリップ・モリス・インターナショナル(pmi)が11月にマレーシアでiqosを発表した後、太陽は2018年12月にいくつかの記事を発表しました。 マレーシア保健省は、そのような装置はカートリッジを燃やすのではなく加熱するので、それは一種のタバコ製品ではあるが普通のタバコとは異なり、煙ではなく蒸気の more

  • 日本の禁煙歴

    日本の禁煙歴 最近日本政府が発表した報告によると、日本の喫煙率は17.9%ですが、1966年には日本人の83.7%が喫煙者であり、このデータが過去数十年で急激に減少したことは明らかです。このような喫煙禁止の変更とそれに関連する動き。実際、日本の禁煙規制は、そのような規制が発行される前の過去10年間は​​存在せず、 more

  • タール、灰、受動喫煙がない - 過去と現在の熱は製品を燃焼させない

    タール、灰、受動喫煙がない - 過去と現在の熱は製品を燃焼させない 近年の人口増加に伴い、より多くの喫煙者がいるように思われますが、事実は、伝統的なタバコの市場シェアが縮小しているという事実、政府はたばこ業界、世界の大手たばこ会社の売上高にますます厳しくなったそれから逃げることはできず、変化を必要としています。 新たな市場の拡大を求めて、海外のたばこ会社はすべて、た more

最新ニュース

タバコ革命:7,000億ドル規模の市場で金を狙う タバコ革命:7,000億ドル規模の市場で金を狙う

伝統的なたばこ - 世界で唯一の商品であり、世界的に販売が合法化されているにもかかわらず、私たちには何の役にも立ちません。 一方では、それは約7000億ドルに相当するタバコ市場で構成されており、多くの国でかなりの税収を生み出しています。一方で、毎年500万人の命を奪っています。そして多くの国の保健部

日本の禁煙歴

  • 2019-04-04

最近日本政府が発表した報告によると、日本の喫煙率は17.9%ですが、1966年には日本人の83.7%が喫煙者であり、このデータが過去数十年で急激に減少したことは明らかです。このような喫煙禁止の変更とそれに関連する動き。実際、日本の禁煙規制は、そのような規制が発行される前の過去10年間は​​存在せず、たばこ広告スローガンの初期段階はすべて喫煙の良さを説いていました。


そのような広告はもちろん魅力的で、たばこは江戸時代に日本に紹介されました、それ以来、日本のたばこ産業は独占的な国家貿易と売買を行使する独占産業でした。たばこは、日本の税収の不可欠な源として、日本の社会文化において重要な役割を果たしてきました。

最近の東京オリンピック2020を踏まえ、過去10年間で物事は変化し、特に近年は禁煙キャンペーンが成果を上げ、政府は喫煙禁止をますます厳しくし、関連する多くの規制や法律を完成させました。公共の場での喫煙を禁止し、全国的に「禁煙オリンピック」を推進し、世界に文明国家です。


しかし、前述の通り、たばこ税は日本の税収の不可欠な源泉であり、政府は「国家イメージ」と「健康」のバランスを保つ必要があります。政府は、喫煙者を禁煙者と区別するよう提案しているので、双方の利益のバランスをとる必要がある場合には、いつもより簡単に言われるでしょう。 mcdonaldsのような気まぐれな人は、ここに長く滞在することはできませんが、居酒屋やカラオケになると、人々は時間を無駄にすることができ、そのような場所での喫煙を禁止するのは困難です。


下の写真は羽田空港の喫煙室で、人間化されていますか?あなたの飛行を待っているときに煙草を吸わないでください、タバコは緊張やストレスを和らげることができます。


2017年上半期のローリングタバコの販売台数は、前年同期比で11.2%減少し、2017年上半期には468億ドルとなった。日本のたばこインターナショナルは、たばこの販売台数の減少は暖房用タバコの増加によるものであると主張した。より多くの喫煙者はすでに次世代の製品に切り替えており、喫煙者は喫煙時に他人の気持ちを気にしていますが、熱を使用しないときにはタール、灰、または受動喫煙はありません。減少します、それは健康と官能的な楽しさの間のバランスを保ちます。1つは多くの通知が電気タバコまたは熱を燃やさない製品を推薦するのを見ることができるのを見ることができます多くの喫茶店やレストランの食卓でタバコを転がしてはいけませんが、熱を燃やさない製品が人々に受け入れられ公衆衛生を守るための一部となっていることは明らかです。意図的に製品を燃やす。



日本たばこインターナショナルはまた、宣伝映画で喫煙者の人道的ケアを見せ始め、次世代の商品を宣伝し始めています。











著作権 © 2019 Mysmok Electronic Technology Co., Ltd.全著作権所有.

#

   

サービスする専門チーム !

今すぐチャット

ライブチャット

    If you have questions or suggestions,please leave us a message,we will reply you as soon as we can!